吉沢亮さん単独インタビューを『ジュニアエラ』が掲載!横浜流星さん×飯豊まりえさん対談も。特集は「食品ロスをなくせ!」 9月14日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


『ジュニアエラ』10月号(9月14日発売)

 小中学生向けニュース月刊誌『ジュニアエラ』10月号は、9月14日発売です。NHKの朝ドラ「なつぞら」で“天陽ロス”が起こり、2021年大河ドラマの主演にも抜擢された吉沢亮さんが単独インタビューに登場。横浜流星さんと飯豊まりえさんはスペシャル対談で、映画共演時のエピソードを披露しています。特集は「食品ロスをなくせ!」。今号も盛りだくさん、親子で楽しめる一冊です。

 吉沢亮さんは、映画「空の青さを知る人よ」で声優に初挑戦。18歳の声を演じたことについて、「僕の高校時代はキラキラしていなかったから、うらやましいなと思いながら演じましたね」と話しています。13年の時を超えてある人に会いにくるという映画の設定にちなみ、吉沢さんにも「時を超えて会いたい人」について聞きました。その答えは……「小学6年生の僕」。小学生時代の自分に伝えておきたいことがあるそうです。そのほか、ジュニアエラ読者世代の小学生から寄せられた質問にも丁寧に答えてくれています。

 公開中の映画「いなくなれ、群青」で共演している横浜流星さんと飯豊まりえさんのスペシャル対談では、二人の初対面は中学1年生と小学6年生の時の雑誌の撮影だったというエピソードが披露されました。幼なじみらしく、映画の撮影では「悪いところはお互い正直に言い合いっこしよう」となったそうです。横浜さんが飯豊さんに「今のあくびは可愛げないよ」と言えば、飯豊さんは横浜さんに「友達だから言うね、今のカッコよくなかったよ」と言い、信頼関係が深まったそうです。

 特集は、「食品ロスをなくせ!」。いま世界では、食料の3分の1が捨てられる一方、9人に1人が飢えに苦しんでいます。日本では毎年、恵方巻が大量に捨てられることが社会問題にもなります。食品ロスをなくすために、自分たちができることはなにかを親子で考えてもらいたいと、特集しました。自宅で余っている食材を持ち寄って、子どもたちが知恵を絞って調理し、生ごみの量の少なさや料理の工夫度を競い合う「クリエイティブ クッキング バトル」の様子も収録。ジュニアエラ読者が夏休みに集まってバトルを繰り広げました。調理の様子は、食品ロスをなくすヒントにもなります。

 人気のSexy Zone連載には菊池風磨くんが登場。「風磨くんがキレッキレで踊っている動画が話題ですが、どうやったらあんな面白い表現を思いつくのですか?」とうい読者からの質問に、「僕は自分の感覚を一番信じているので、堂々とやりきれちゃうんです」と“神回答”を決めています。パジャマ姿で登場するシリーズです。他では見られない、風磨くんのパジャマ姿は必見です!

ほかにも、
・ニュースが知りたい 消費税10%で日本はどうなる?
・ニュースが知りたい 「表現の自由」って何だろう?
・「東大クイズ王」に挑戦? 謎解きクイズノック
・スポーツのうんちく! ラグビーW杯
・のぞき見探偵が行く? ジュニアエラの印刷工場
・サイエンスジュニアエラ 世界最高峰のソーラーカーレース
・中学受験に強くなる! 読解力講座
など、多彩な企画が満載です。