8月12日発売のAERAにKing & Princeが5人で登場!それぞれにセカンドアルバムに込めた想いを語ります

このエントリーをはてなブックマークに追加


『AERA』8月24日号(8月12日発売)

8月12日発売の『AERA』8月24日号に、King & Princeの5人が登場します。9月2日にセカンドアルバム「L&(ランド)」の発売を控えるKing & Prince。撮影もインタビューも揃ってではなく一人ずつ。しっかり向き合って、アルバムへの思いをカラー5ページに詰め込みました。巻頭特集では、再び「医療崩壊」が危惧される中、医師への緊急アンケートを実施。1335人から得た回答に独自取材を加えて、現状をルポし、医療崩壊を防ぐ方法を考えました。この号の表紙は、アイドルにしてモデル、俳優としても活躍する白石麻衣さん。撮影は蜷川実花です。

「コロナの状況を踏まえながら制作した」というセカンドアルバム「L&(ランド)」を9月2日に発売するKing & Prince。平野紫耀さんによれば、「L&(ランド)」というタイトルは「King & Princeがいる場所、みんなが楽しめる場所」という意味。外出自粛期間中にメンバーだけでリモートで打ち合わせをしたこともあったといいます。髙橋海人さんは、このアルバムで実現した新しい挑戦について語ります。それは、メンバーが1曲ずつ、5人で歌う曲をプロデュースしたこと。永瀬廉さんはそのプロデュースについて、「思ったより苦労しましたね。悩みました」と言いつつ、プロデュース曲にはそれぞれの個性が出ているから「楽しんで聞いてほしい」と告白します。

神宮寺勇太さんはこのアルバムで、夢だった作詞・作曲に挑戦。楽しい時間だったけれど、それ以外の時間はつらかった、とも話します。それでも、岸優太さんの「メンバー同士の楽しい関係性は全く変わらず続いてます」という言葉で、メンバー一人一人が真に孤独ではなかったことがわかります。平野さんが外出自粛期間中に始めたこと、逆に岸さんが挫折したこと、髙橋さんの「アイドル論」、永瀬さんが新たに見つけたリラックス法、神宮寺さんがやっぱり「平気じゃない」と感じたこと……。それぞれが思いを語ったインタビューにご期待ください。

巻頭特集は、「医療現場はもうギリギリだ」。感染者数の増加とともに、再び危惧されている「医療崩壊」。医師1335人への緊急アンケートと独自の取材で、医療現場の今を伝えています。医師たちがアンケートを通じて訴えたのは、マスクや消毒用エタノールなど、感染を防ぐための防護具の不足、長時間労働、周囲から受けるいやがらせ、給与カットなど。最前線で新型コロナウイルスと闘う医師たちからの訴えとはにわかに信じられないものでした。国や自治体、そして患者に求めることは、という質問にも、具体的な答えが並んでいます。医療崩壊を防ぐためにできることはまだまだある、ということです。

特集では、受診控えや検診控えにともなって、別の健康リスクが高まっていることにも言及。持病の悪化、がんの発見機会の喪失が懸念されているほか、診療報酬点数の大幅な減少で、地域の小児科が存続の危機に立たされている実態も伝えています。

ほかにも、
・家庭内感染で「9月危機」が来る
・東京都医師会会長「インフルとの同時流行に備えなければ」
・日本のPCR検査数が増えない背景に「PCR検査は医療ではない」という壁
・コロナ禍ひとりぼっち出産を詳細ルポ「立ち会い不可で無痛分娩に変えました」
・BTSオンラインショーケース「黄金の50分」を誌上再現
・池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第32回 「一歩後退して二歩前進」
などの記事を掲載しています。