「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」11年ぶりの開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


「空撮」 上空1万3700メートルから見た東京 司馬遼太郎の言葉3「漱石の旅路」より


「マリア像」 潜伏キリシタンの里、崎津に立つ海上マリア像 「司馬遼太郎と宗教」より


「奈良」 夕暮れの若草山からみた奈良のまちなみ 司馬遼太郎の言葉2「この国のかたち」より

週刊朝日の人気連載「司馬遼太郎シリーズ」を担当する小林修の写真展を4月7日(土)~5月10日(木)、東京都中央区築地5丁目の朝日新聞東京本社2階コンコースギャラリーで開催します。シリーズの写真展は2007年以来11年ぶりの開催です。入場無料。司馬さんの作品世界を写真でお楽しみください。

展覧会は「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」と題して、「司馬遼太郎シリーズ」の掲載写真の中から、昨年の「日本雑誌写真記者会賞最優秀賞」を受賞した「漱石の旅路」、親鸞とザヴィエルの時代を考えた「司馬遼太郎と宗教」、晩年の司馬さんの思想が結実する「この国のかたち」「風塵抄」を、司馬さんの言葉とともに展示します。

■展覧会名
「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」

■会期
2018年4月7日(土)~5月10日(木) ※休業日5月6日(日)
8時~22時(日曜祝日は17時まで)

■会場
朝日新聞東京本社2Fコンコースギャラリー(東京都中央区築地5-3-2)

■入場料
無料